若ハゲをすぐに解消する方法【生活習慣チェンジがカギ】

男の人

植毛の最新技術

メンズ

自分の毛で薄毛をカバー

近年、薄毛に悩む人たちの間で注目を集めている技術に自毛植毛というものがあります。自毛植毛とは読んで字のごとく自分の毛を植えることをいいます。具体的には、頭髪の比較的たくさん残っている場所から毛の株を採取し、薄くなった場所に移植するという手法を取ります。自毛植毛と言うからには自毛でない植毛もあるのかといえば、もちろん存在します。樹脂製の人造毛を植え込む技術がそれです。自毛に比べると費用が割安なため、今でも利用する人は決して少なくありません。ただ、人造毛は生体にとっては異物であるため、人によっては拒否反応が出て毛が定着しなかったり施術箇所が炎症を起こしてしまったりといったリスクがあります。それに対して自毛植毛はもともと自分のものである組織を移植するため、定着率が非常に高いという特徴があります。

移植後は散髪も自由自在

自毛植毛の基本的な手順としては、側頭部や後頭部などに生えている毛を毛根ごと採取し、頭頂部や額の生え際などに移植するというかたちを取ります。これは、側頭部や後頭部などの毛は抜け毛の主要原因である男性ホルモンの影響を受けにくいため、他の部分が薄くなった後でもかなりの程度まで毛髪が残っているためです。毛を採取する際は以前はメスで表皮を切り取るのが一般的でしたが、最近ではまるでパンチで穴を開けるようにして毛株を採取する技術も実用化されています。従来の方式に比べると採取跡が目立ちにくいというメリットがあるため、今後ますます普及が進むものと考えられています。移植した毛は定着すると元から生えている毛と同じように伸びていきます。散髪やパーマなども普通の毛と同じように行うことができます。